PDCワールドカップ2022日本代表が決定!

  • 2022/05/16(月)
  • 2022/05/16(月)
  • World Cup
  • 597view

2022/5/15にて開催された2022 PDC ASIA WORLD CUP JAPAN QUALFYINGにて、鈴木徹と後藤智也が日本代表選手に決定となりました。

2022 PDC ASIA WORLD CUP JAPAN QUALFYINGは、D-TOUR(FIDOを使用したハードダーツの大会)のStage1の第2戦・第3戦・第4戦の3大会を対象としたポイントランキングの上位16名が出場する大会です。

後藤は初戦を伊良部昌貢と対戦し、156アウトを決め15ダーツを出す素晴らしいダーツで5−2で勝利。

続く2戦目は昨年のPDCワールドカップで日本代表となった馬場善久との対戦。

お互いに一歩も譲らずの攻防を繰り広げ、最後160アウトを決め6−5で戦いを制しました。

準決勝は龍波光彦との対戦で、削るスピードは互角だったものの最後のダブルをいかに決めれるかという点で後藤に軍配が上がり7−5で勝利し決勝へ進出しました。

スポンサーリンク

鈴木は初戦野倉佑也と対戦し、ダブルをきっちり決めて5−2で勝利。

2回戦を野毛俊平との対戦で2022 PDC ASIA WORLD CUP JAPAN QUALFYING内最高スタッツである95.01を出し6−2で勝利。

準決勝は昨年のPDCワールドカップで日本代表となったもう一人の選手である松田純との対戦。

序盤〜中盤にかけてお互い譲らない展開でしたが、11レグ目を14ダーツで先行キープし、12レグ目松田が64残りを上がれず回ってきてD19を1本で沈め7−5で決勝に進めました。

決勝進出の時点で2022 PDC ASIA WORLD CUPへの出場資格を得られることとなり、2人が日本代表選手となりました。

決勝は後藤が7−6とフルレッグの末優勝しました。

決勝戦の様子

鈴木は2020-21ワールドチャンピオンシップに出場、後藤は2018・2019ワールドチャンピオンシップユースに出場と両者ともにPDCの舞台を経験済みで、ワールドカップでも好成績を残せると期待が高い選手達です。

皆さんもぜひ2022PDCワールドカップを見て、日本代表を応援しましょう!!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!