World Grand Prixはウェールズ対決を制しJonny Clayton優勝!!

10/3~9の1週間行われた2021ワールドグランプリも終わりました。

激闘の末、見事Jonny Claytonがマスターズ・プレミアーリーグに続いて今季3度目のメジャータイトルを獲得しました。

今回はJonny Claytonの優勝と、ワールドグランプリ決勝戦の内容をみていこうと思います。

スポンサーリンク

Jonny ClaytonのPDCオーダーオブメリットが7位に上昇

今大会はPDCオーダーオブメリット(以下OoM)に影響する大会で、Jonny ClaytonはOoM14位だったのを一気に7つあげて7位になりました。

8位のJose de Sousaとは約6,000ポンド差とそこまで開いていないものの、上位8名に名を連ねることに成功しています。

2020年のワールドカップでGerwyn Priceとともに優勝して以来、素晴らしい成績を残しているClaytonはまさしく2021年に生まれたスーパースターと言っていいでしょう。

OoMのランキングはJames Wade、Dimitri Van den Bergh、Gary Andersonが400,000ポンド台で固まっており、より上位に入るのもあと1、2年ほどでしょう。

決勝の内容

まずは、ハイライトをどうぞ

決勝は2020年のワールドグランプリチャンピオンのGerwyn Priceが相手です。
試合開始前はPrice優勢と見られていて、オッズも大きな差ではないもののPriceが約1.6倍、Claytonが約2.3倍の倍率になっていました。
Oddspedia

See Gerwyn Price Jonny Clayton match highlights and statisti…

どっちが勝ってもおかしくはない対決ですが、ここ最近のPriceの調子と直接対決での戦績が3−1と勝ち越しているのもあってPrice優勢になったと考えられます。
結果はClaytonに軍配が上がりましたが、このウェールズ人同士の対決は2020・2021のダーツ界の象徴といっていいでしょう。
ワールドカップではチームメイト同士であった彼らも大会ではライバルとして戦い、勝っても負けてもお互いを讃えあう姿はどのダーツプレイヤーも見習うべき姿だと思います。

そんな二人の対決を見ていきましょう!!

スポンサーリンク

Claytonの圧倒的スタッツ

まずはこちらをご覧ください。

この本当にダブルインスタートのゲームなのか?と疑いたくなるような圧倒的なスタッツです。

アベレージも99.41とオープンインでもありそうなスタッツを出していますし、上がりも44.74%と3分の1以上の確率で上がっています。
中でも注目すべきはスタート成功率です。
脅威の60%越え。半分以上の確率でダブルインを成功させているということですが、調べると決勝戦でClaytonが1ラウンド目からスタートできなかったのは全体を通して1レグのみでした。

これはさすがのPriceも勝つのは厳しかったでしょう。

今大会最高のゲーム、決勝戦3セット目

実質的にこの3セット目が勝負の分かれ目となりました。
Claytonが170・164とハイアウトを決め、Priceは160スタートを2回するという非常にハイレベルな対決となりました。
ハイアウトを決められたPriceは首を横に振っているのが印象に残りましたね。
ここまで完璧な試合展開をしたClaytonにお手上げだったと思います。
スポンサーリンク

まとめ

今回は短い記事ですが、いかがでしたか?
今後のダーツ勢力にイングランド・オランダに加えてウェールズが入ってきてよりダーツのレベルが上がりそうな未来が見えます。

10/14~17にEuropean Championship、10/29~31にWorld Series of Dartsと大きな大会がどんどん開催されます。

選手達の疲労も考えると難しい日程となっていますが、それでも素晴らしいダーツを魅せてくれると信じて大会を楽しみに待っていましょう!!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!