ダーツの重さの選び方

  • 2021/08/12(木)
  • 2022/02/07(月)
  • バレル
  • 292view

2021年は日本でハードダーツを投げるorハードダーツの試合を見る機会が増えてきています。中にはこれをきっかけにハードダーツを始めよう、と思う方もいらっしゃると思います。

ただ、ダーツを買うにしてもたくさん種類があるので選ぶのが大変だと思います。

ですので、今回はハードダーツの重さについてと、自分に合うダーツの重さの選び方のポイントの2つの点からどのダーツを買えばいいかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハードダーツの重さ

ハードダーツを投げるときに、ソフトダーツと決定的に違う点がバレルの重さです。

ダーツの重さというと基本はバレル単体の重さ(メーカーによってはフライト、シャフトを含んだセッティング重量の場合もある)を表しています。

バレルの重さは20g〜26gが一般的に販売されていて、大きく分けると

軽い〜22g
中間23,24g
重い25,26g〜

に分かれています。

軽いダーツを使っている主な選手はJames Wadeが20g、Dimitri Van den Berghが22g、ユース選手でLeighton Bennetが18gを使用しています。

比較的最近のPDCランキング上位の選手は軽いダーツの使用が多い傾向です。

中間の重さのダーツはMichael van Gerwen, Gary Anderson, Gerwyn Priceなど錚々たるメンバーが使用しています。

重いダーツは1番有名なのがPhil Taylorの26gでしょう。
また、Nathan Aspinallも26gを使用しています。

そのほかにも、32gとだいぶ重いダーツや12gと言った軽いダーツを使う人もいますがこの3種類が基本と考えていただければ良いと思います。

選ぶ時のポイント

早速ですが、どの重さのダーツがいいかを選ぶポイントを紹介します。

①投げる頻度で重さを決めたほうがいい
ソフトダーツ経験者は軽いダーツから始めたほうがいい
③初心者は重いダーツから始めてみよう

です。

①・②に関しては、イギリスでダーツを買った時お店で試投をしているときに、店員さんが私が投げている様子を見ながら話してくれたことです。

早速一つずつ理由を話していきましょう。

スポンサーリンク

投げる頻度で重さを決めたほうがいい

これを最初に聞いた時はそんな決め方でいいのか?と思いましたが、腕へのダメージを考えると投げる頻度によって使うダーツの重さを選ぶといいという話でした。

具体的には毎日なら軽いダーツ、週3〜4なら中間、週1〜2なら重いダーツといった配分で選ぶと良いということだったのですが、ロンドンで買った当時の私はほぼ毎日投げているにもかかわらず無視して25gのダーツを買いました(笑)

結局そのダーツも自分にとって重すぎて投げる機会がほぼなく人にあげることになり、現在は22gと軽いダーツを使っているので結果的にはこの考え方は間違っていませんでしたのでハードダーツを購入する際に頭の片隅に置いてみてください。

ソフトダーツ経験者は軽いダーツから始めたほうがいい

近年ソフトダーツも20gを超える重さのものが増えてきていますが、それを踏まえても軽いダーツから、どんなに重くても23gまでの重さのダーツを選ぶ方がいいと思います。

今使用しているソフトダーツと重さに差がありすぎるのは投げ感が崩れてしまうのと、重さの差を埋めようと投げるときに力んでしまって余計にダーツが入らなくなる可能性が高くなります。

慣れていった後に重いダーツを購入することはいいと思いますが、ソフトダーツを既に始めている方は軽めのダーツを購入してから自分に合うよう重さを調整した方が無難でしょう。

スポンサーリンク

初心者は重いダーツから始めてみよう

日本では珍しいと思いますが、ダーツ自体初めてですと言う方は重いダーツから選んで徐々に軽いダーツにしていく方がいいでしょう。

と言うのも、最初は重いダーツの方が簡単に飛んでいってくれるのと、軽いダーツ→重いダーツよりも重いダーツ→軽いダーツに変えていく方が筋肉への負担としても慣れやすいからです。

日本ではハードダーツの試投ができるショップがありますし、もしも近くにある方は是非一度投げてもらって確認してみてください。

 

試投して買う時のワンポイントアドバイスとして、自分の感覚的に少し重たいなと思うダーツを購入してみてください。

おわりに

いかがだったでしょうか?

これからハードダーツを始める人にも、ハードダーツをどれにしようか迷っている方にも購入する際に少しでも参考になればと思い書いてみました。

これが全て、という訳ではありません。ほかにもいろんな選び方があると思いますが、選ぶときの判断基準の一つとして記憶の片隅に留めておいていただければと思います。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!