ダーツのセッティングを見つけよう!

こんにちは、りょふくんです。

ダーツのセッティングで迷うことはとても多いと思いですよね。

私自身も自分のダーツのセッティングに迷って、シャフトやフライト・バレル・ポイントを色々買っては試してをたくさん繰り返していました。(とこのブログを書いている今も色々セッティングを試したりしていますが笑)

自分のセッティングをあれこれ試している中で、”これを押さえておくといい”と感じるポイントがいくつかわかってきたので、今回はそれをお話ししようと思います。

スポンサーリンク

ダーツをはじめた人向けのおすすめセッティング

はじめてのマイダーツを購入した人向けのおすすめの決め方があります。

それは、プロモデルのダーツを買ってそのプロと同じセッティングにしてしまうことです。

販売されているプロモデルのダーツは使用者本人と同じスペックのダーツです。(ただ、プロトを使用していたり、本人専用にカスタマイズされた物を使用しているプロもいますので本当に同じかどうかはわかりません。)

プロと同じセッティングであれば少なくとも購入したダーツとの相性が悪いわけがなく、セッティングに関しては大きく外れることはないと言えます。

1番確実なのは、ダーツショップに行って店員さんにプロの方と同じセッティングになるようシャフトやフライトを用意してもらうことです。

”近くにショップがない”、”店員さんに聞くのちょっと苦手です…”という方は、Google先生にて検索してもらってネットで購入もアリです。

セッティングを考える上で大切なポイント

ただ、ダーツに慣れてくるとより自分に合ったセッティングをすることが大切になってきます。

ここからはセッティングに迷う方向けに、私のセッティングを決める上で考えているポイントを紹介したいと思います。

早速箇条書きになりますが、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 刺さったダーツの角度(上下左右の向き)
  • 投げる時に感じる抵抗
  • グリップへの影響
  • ダーツを風に乗せること

以下詳しくお話しします。

スポンサーリンク

刺さったダーツの角度

ダーツの刺さる角度はスタッキングが発生するために考慮しなくてはいけないポイントです。

具体的には

  1. 地面とダーツが平行になるよう刺したいのか、もう少し角度をつけて刺したいのか
  2. 刺さった部分がダーツで隠れずに見えているかどうか
  3. 3本ともバラバラな向きになっていないか

です。

実際に私の現在のセッティングもこの3点が満たされるように、というのを意識しながら決めるようにしています。

スタッキングって何?と言う方は、スタッキングについて記事を書いていますので、ぜひ読んでみてください!

関連記事

SNSでも一時期話題になったりと、ハードダーツにおける技術の話において欠かせない話題の一つがスタッキングです。スタッキングと聞いて、ギャリー・アンダーソンやエイドリアン・ルイスなど名プレイヤー達の名前も浮かんできているのではないで[…]

投げる時に感じる抵抗

これはノーセットアップで投げる人には大事なポイントです。

テンポ良く投げるためにも、ダーツの投げづらさやスムーズに行かない感覚を覚えた場合はセッティングを変えてみることをお勧めします。(反対に、スムーズに行きすぎると感じている方もセッティングの変更を検討してもいいと思います。)

シャフトを短くすればするほど、フライトを小さくすればするほど抵抗が小さくなっていく傾向にあります。

感覚がよければ、多少飛び方がばたついても気にすることなく投げられるようになりますので、試してみてください。

他にもシャフトが短すぎてリリース時に手に当たってしまう場合や、ダーツを持った時にグリップした位置と重心のバランスがしっくりこない場合などはセッティングの見直しを図りましょう。

スポンサーリンク

グリップの影響

早速ですが、次の画像をご覧ください。

私のグリップなのですが、このように人差し指の第二関節にシャフトを当てています。
しかし、シャフトが少し太いと思うと2投目以降同じようにグリップすることが出来ないことに悩んでいました。

グリップの位置を変えてみたり、ダーツを持つ深さを浅くしてみたりと色々試しましたが、あまりうまく行きませんでした。

最終的に私は違うシャフトを使用することで解決しましたが、このようにシャフトの太さや材質によってグリップのしづらさや滑ってしまうなど、無視できない違和感がある人はセッティングを変えてみても良いかもしれません。

また、シャフトだけではなくポイントも影響する場合があります。

ポイントに指をかける人は、普通のポイントを使用するとかける指が滑ってグリップが安定しないことがあると思います。

その場合は、ポイント交換をして刻みのあるポイントに交換しましょう。
ポイント交換に関しては以下の記事をご覧ください。

※2022/2/27追記

現在のグリップがこちらになります。

全体的に変更点があるのですが、グリップに関してはグリップ位置が前になりました。

そのため、シャフトをグリップした時の問題やフライトが投げている途中で指に当たるなどは一切なくなりました。

ダーツを風に乗せること

※2022/2/27追記

セッティングに関してちょっと応用的な部分になるのですが、ダーツをうまく風に乗せることができるようセッティングを考えることも大事になってくるのではないか?と試行錯誤中です。

アーチェリーや弓道などでは、遠くに飛ばす競技に使用される遠的矢というものがあります。

その矢はより遠く飛ばすための工夫として

  • 重心位置を矢尻側(ダーツで言えばフライト側)にずらす
  • 矢の長さを伸ばす
  • 羽を小さくする

などをしています。

このように矢を調整することで、矢を風に乗せてより遠くに飛ばすことができるという仕組みです。

なんかこの効果でピンとくるものはありませんか?

いわゆる裏抜きをすることで得られる効果と同じですよね!

風に乗せるための工夫を下の表に簡単にまとめてみました。

フライト大きくする(揚力を増やす)
シャフト伸ばす(シャフトを伸ばす代わりに金属シャフトにして重くするも可)
バレル長いものを使う
バレル本体の重心が後ろ目なものを選ぶ
ポイント短くする

バレルに関しては調整できる人の方がむしろ少ないと思うので、フライト・シャフト・ポイントの3つで調整することをお勧めします。

実際にPDCプレイヤーのダーツを見てみると、フライトが大きかったりシャフトが長かったりするのはこのためでしょう。

ただ、これに関して注意するポイントもあります。

それは風に乗るためのセッティングをすることとしっかりとボードに刺さることを両立させるようにうまく調整することです。

特にハードダーツはルール上、ポイントの先端がボードに触れていないと点数になりませんので、うまくダーツが飛んでも刺さらない or 刺さりが甘いでは意味がなくなってしまうので気をつけましょう。

[ad01]

実際に投げよう

当たり前の話ですが、理論だけじゃ意味がないので実際に試してみましょう。

投げてみると自分が考えていたこと・思っていたことと、実際に起きたことが違うなんてことは多々あるのでめげずにトライアンドエラーを繰り返してみてください。

少し注意点があるのですが、セッティングを変えた場合は1日2日だけでなくある一定期間そのセッティングを続けてください

その日が良くても次の日にはダメになることがとても多く、せっかく変えても結局元に戻しちゃうことがあります。

セッティングの良し悪しはすぐにわかるものではありませんし、中途半端にやめてしまうと元に戻ることができなくなる可能性が高いので、一度変えたらしばらく変えずに練習しましょう。

おわりに

これで全てだとは思っていませんが、執筆時点で私が考えているセッティングの見つけ方は上記のポイントを最低限抑えることでより良くなると信じています。

セッティング一つでも大きく変わる部分はありますので、自分にとってより良いダーツができるようにして行きましょう。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!